私はアメリカに来るまで全く知らなかったのですが、3月17日はセント・パトリック・デー(St. Patricks Day)です。聖パトリックさんはアイルランドにキリスト教を伝えた守護聖人。

SPONSORED LINK


もともとアイルランド系アメリカ人が祝っていたそうですが、現在ではアメリカ各地、いや世界各地で祝われています。

基本的にパレードをするところが多く、私のいるところでもこの週末にパレードが行われるんですが、アイルランド系アメリカ人の多いシカゴはこんなことに! Chicago River dyed green, buildings more prominent これ、本当一度で良いから生で見てみたくて仕方ありません。はやる気持ちを抑えつつ、そもそもいつからシカゴ川がこんなことになっているのかちょっと調べてみました。

スミソニアン・マガジンの記事『A New Meaning to Green Urban Design: Dyeing the Chicago River』(2013年3月)によると、なんとこのイベント、1960年代から続いているんやそう。

  1. きっかけは水質汚染

  2. 1961年にウィンディ市(Windy City)が水質汚染管理を実施することになり、シカゴ川に廃棄物を垂れ流していた配管を見つける作業が行われました。その時に使われたのが、緑色の色素。廃棄物システムに投入し、どこの配管からシカゴ川に流れ出てくるのかを確認するのがその目的でした。

  3. 配管工つながり

  4. 作業を済ませた配管工(plumber)は、配管工組合のビジネス・マネジャーに報告へ。なんとそのマネジャーは、セント・パトリック・デー・パレードの会長でもありました。色素のせいで緑色に染まった配管工の作業服を見て、突如会長にひらめき(epiphany)が訪れます。

  5. 1962年開始

  6. 会長は政治家などに電話をしてなんとか正気であることを理解してもらい、1962年のセント・パトリック・デーに、シカゴ川を初めて緑色に染めはりました。この時に使われた染色剤は、水質汚染管理で使われたものと全く同じものやったそうです。当時は勢い余って100ポンドもの染色剤を溶かし、本来1日だけ緑にするつもりやったはずが1週間ずっと緑のまんまやったとか。その後調整が行われ、現在は40ポンドに落ち着いているそうです。

これを読むと、セント・パトリック・デー・パレードの会長が配管工組合のビジネス・マネジャーやったというつながりがもう奇跡的です。ところで、この緑色の染色剤、川に害はないんでしょうか。そんな私の疑問に答えるように、染色剤についてもスミソニアン・マガジンの記事に書かれていました。 これはフルオレセイン(fluorescein)という蛍光色素で、もとはオレンジ色や赤色なんですが、水に溶けて太陽の光を浴びるときれいな緑になるそうです。開発したのは、なんとインディゴ・ジーンズで有名な合成藍(synthetic indigo)を作って1905年にノーベル化学賞を受賞したアドルフ・フォン・バイヤー(Adolf von Baeyer)博士。主に水の流れを辿ったり、水漏れがないかを調べたりするのに役立てられていたほか、空から水面の特定の場所に着地する場合の目印としても使われていたようです。

川にとって害はないと見なされていたようですが、環境保護主義者(environmentalist)が1966年に地元政府に嘆願書(petition)を提出し、現在は植物由来の染色剤に切り替えられているとのこと。

シカゴ川、いろいろ奥深いです。ますます真緑のシカゴ川が見たくなってきました。

私のいるところは、こんな風に川が真緑になることはありませんが、セント・パトリック・デーにアイリッシュ・パブに行くと緑色のビールが出てくるので、それが毎年楽しみだったりします。 St. Patrick's Day - green beer

(2010年のセント・パトリック・デーで飲んだ緑のビール)

この日に緑のビールを出しているアイリッシュ・パブは多いので、お近くのアイリッシュ・パブをぜひチェックしてみてください。この日はコーディネートに緑色を取り入れている人が多いので、緑のアイテムを身につけて行くのもお忘れなく。

以下、2010年の時の日記より。
ジェガーさんに「当日緑色をコーディネートに取り入れてない人は周りの人からつねられる(pinch)んやで」と聞かされ、私もさっそく緑のニットに緑のスカート、緑のレギンスに緑の帽子という気持ち悪い出で立ちになりました。

ジェガーさんは『グリーン・ランタンGreen Lantern)』という、これまたシンボル・カラーが緑色のスーパーヒーローがいるので、彼のシンボル・マークの入った緑色のTシャツを着ると言っていましたが、当日になってそれが見当たらず、結局、緑色の紙にアイルランドの国花、クローバーを描いて胸に貼ってはりました。

そして夜はその格好で家の近くにあるアイリッシュ・パブへ。 St. Patrick's Day - Irish pub 中は緑色の人たちでいっぱいでした。

※中央に座ってはるキャラクターみたいな格好の人は、アイルランドの伝承に登場する妖精レプラコーン(Leprechaun)です。妖精と言っても、ちっこいおっさんで、虹のふもとに金貨をたくさん隠しているらしいです。『ハリー・ポッターと炎のゴブレットHarry Potter and the Goblet of Fire)』でもクィディッチのアイルランドチームのマスコットとして登場しているそうです。

via Let's swing by it.: Are You A Normal Japanese Girl?(2010年3月)
ジェガーさん、今年も緑のビール飲みに連れてってくれへんかな〜

更新情報のチェックは、こちらからどうぞ!

こちらもよろしくお願いします!