昨年の話になりますが、9月のレイバー・デー(Labor Day)の3連休に家族旅行に行ってきました。

SPONSORED LINK

行き先はカナダのバンクーバー B.C。バンクーバーは私のいるシアトルから車で3時間ほどの距離で近く、ジェガーさんとまだ結婚する前に日帰りで遊びに行ったこともあります。

今回は車ではなくアムトラック(Amtrak)という列車に乗って行ってきたのですが、列車だとシアトルからは4時間。なぜか列車の方が車より遅いです。

しかも列車の速度そのものが遅く、対向列車とすれ違う時にはいちいち停車。さっさと移動したい人にはおすすめしませんが、旅の過程全体を楽しみたい人(私)にはけっこうツボです。

特にアムトラックは海沿いを走るので、海側の席が取れたらめちゃラッキー。幸い私たちは海側の席だったので、のんびり続く綺麗な景色を眺めまくりました。線路沿いで手を振る人たちをあちこちで見かけて手を振り返したのも面白かったです。

Thewhiterock-mtbaker.jpg

(By Arnold C - Own work, Attribution, Link

アムトラックには食堂車両もあるのですが、これがまた映画のセットのような雰囲気。

Amtrak Cascades Bistro Car (5551682875).jpg

(By Atomic Taco from Seattle, WA, USA - Amtrak Cascades Bistro Car, CC BY-SA 2.0, Link

私はずっと大はしゃぎで、思ったより4時間あっという間でした。

カナダに着いたら入国手続きを済ませ、モノレールに乗って中心部へ移動。「カナダとアメリカってあんまり変わらんね」と言っていると、ふとジェガーさんが「見てあのポスター、めっちゃカナダっぽいで。」

Latt-eh

デザイン以外にどこがカナダっぽいかわかるでしょうか?

ポイント

アメリカでは「〜だよね」と言う時などに "huh" と言いますが、カナダでは "eh" と言います。

eh | Merriam-Webster Dictionary

eh: used to ask for confirmation or repetition or to express inquiry ; used especially in Canadian English in anticipation of the listener's or reader's agreement

(確認文や復唱文、質問文などで使われます。特にカナダ英語では同意を期待する時に使われます。)

それでポスターも、"latte" が "latt-eh!" になっていたんですね!

私はジェガーさんに教えてもらうまで、カナダでは "eh" と言うことを知らなかったのですが、モノレールでまわりの人の会話を聞いていたら確かに "It's pretty good, eh?(けっこう良いよね?)" などと言っている人がいました!

補足

というわけで久々に行ったバンクーバー B.C。ダウンタウンはもはやチャイナタウンちゃうかというくらいアジア人口が多く、アジア系の店もかなり増えていました。カナダというより、アジアのどっかの都市という感じです。日本語もかなり耳にしました。

そのぶんアジア系食文化も豊かで、カナダに行ったのに毎回ご飯はアジア系のお店へ。

特に焼き肉は私だけでなくジェガーさんも相当気に入っていました。

9月はまだまだ日が長いので、晩ご飯を食べた後海岸沿いを散歩したのもめちゃ気持ちよかったです。

Vancouver BC

生後半年にしてすでに海外2度目(1度目は日本)となるジェガー Jr. も、カナダをしっかりと堪能。

Vancouver BC 3

子連れで旅するのは、やっぱり大変ではありますが、その分共有できる喜びも増えて楽しさも格別です。今年もまた海外旅行できるかな・・・?

更新情報のチェックは、こちらからどうぞ!

こちらもよろしくお願いします!